Skip to content

2012年8月21日

【志(こころざし)】

by katsuyuki.hara

「こころざしを はたして

いつの日にか帰らん・・・」

唱歌『故郷(ふるさと)』がわたしは好きだ。

特に3番の「こころざしを はたして・・・」という部分が好きだ。

この歌を聴いたり、思い浮かべると、

じわじわと心に力が湧いてくる。

 

 

先日、東京出張の際、

 

1時間だけ自由時間ができたので、

国立科学博物館に立ち寄った。

目的は・・・

 



【南方熊楠展】だった。


彼が海外へと旅立ったとき、

やはり【志】を胸に秘め、新天地へと向かった。

熊楠は1886年(明治19)12月22日、
横浜から渡米の途についた。



渡米の際、


親友羽山繁太郎に贈った写真の裏に、


「僕も是から勉強をつんで、洋行すましたその後は、

ふるあめりかを跡に見て、晴る日の本立ち帰り、

一大事業をなした後、天下の男といはれたい」と、


その決意の程を記している。

最近は、あまり聞かなくなった言葉である

【志】

私は崇高なる人間の精神をここに見る。

 

 

志とは何か?

 

 

心の向かうところ

心にめざすところ

広辞苑には書かれている。

 

 

現実の人間は、

完璧な人はいない。

 

 

短所も、欠点も、

どうかと思う所もある。


それが人間だ。


だが、


【志】=ビジョン

静かに

胸に秘め、


逆境や困難に挑み、

一つひとつ乗り越えている時、

その人は、

【輝く!】


そして、

 

その【志】

【本気】さに

ひとは胸を打たれ、

 

周囲をも巻き込む

大きな渦となる。

 

いつの間にか【志】を同じくする

同志ができる。

 

 

しかも

利己的な志ではなく、

世の中のためになる

 

そのような【志】こそ、本物だ

 


【志】に基ずく

【本気】の

【行動力】が、

 

自他を変え、

社会を変える!

 

 

私も未だ発展途上であるが、

 

命の枯れるまで

【志】を【果たす】生き方を

貫こう!

 

「よしっ、やるぞ!」

 

 

 

 



FacebookにEvolution&Elevation原 克之の公式ブログOfficial Page(ファンページ)を作りました!下の画像をクリックして登録してください!

 

Leave a comment

Note: HTML is allowed. Your email address will never be published.

Subscribe to comments

required
required

Additional comments powered byBackType

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes