Skip to content

2012年8月14日

【一念不動】

by katsuyuki.hara

「私は私の求むる処のものを、

最も正しい事柄の中に定めよう。

そして

れをどんなことがあっても、

動かざること山の如き磐石の信念と、

脈々として流れ尽きざる、

あの長い川のごとく、

一貫不断の熱烈なる誠をもって、

 

その事柄の実現するまで、

些かも変更することなしに、

 

日々、刻々、はっきりと、

心の中に怠りなく連想して行こう。

 

ちょうど、客観的に看察するがごとく……。

 

私は最早 消極的の思想や観念や又は暗示に感じない。

また、そうしたものは、私を動かすことは出来ない。

私は断然そうしたものより、より以上のものである。

 

私は最早 あらゆる人生の中の

弱さと小ささとを踏み越えている。

 

そして 私の心は今絶対に積極的である。

 

おおそうだ、私の心は勇気と信念で満ち満ちて居る。

 

従って私の考え、私の言葉、

それはいずれも颯爽として、いつも正義である。

 

だから 私には、人生のあらゆる場面に奮闘し得る

強い強い力が溢れて居るのだ。

 

そして私の人生はどんな人の世の荒波に脅かされても、

 

あの大岩の上に屹然として立つ燈台のように、

平静と、沈着と、平和と、光明とに、輝き閃いているのだ。」

(一念不動の誦句 中村天風師)

 

 

先日、あることで、この誦句が、ふと脳裏に浮かんだ。

 

そして、

昔、わたしが20代の頃、

 

財団法人天風会の香里支部に

熱心に通っていた時、この「一念不動の誦句」を

完全暗誦していた、年輩の女性を思い出した。

 

 

いつもいつも、どんなことがあっても、その女性は

この「一念不動の誦句」を諳んじておられた。

 

小さなお体ながら、

そこには静かで深い【信念】が、感じられた。

 

当時、あの方の年齢は、たぶん80代。

 

本当に一念不動の女性だ。

 

控えめな女性ながら

【心の強さ】がにじみ出ていた。

 

 

さて、

上記の【一念不動の誦句】の核心部分は

【些かも変更することなしに】というところだ。

 

 

やはり

ビジョン実現のポイントはここだ。

1.【些かも変更することなしに】

2.【日々、刻々、はっきりと、心の中に怠りなく連想】という


2点が重要だ。

 

 

私は、

ビジョンアートメソッドというビジョン実現のサポートを

させていただいている仕事柄、

 

さまざまな方々を見ているが、

ビジョン実現が、なかなか進まない方は、ある傾向がある。

 


それは何か?

 

言っている事と、やっている事が

コロコロ変わるという事だ。

 

首尾一貫していないのだ。

 

それ以来、

 

ビジョン実現は、

 

自分がやろうと決めたことを

【変更しない】というのが最大のポイントだと

 

確信している。

 

 

ところで、

 

先日、私は、ある決意をした。

 

私は現在、50代。

 

あの大先輩の女性の年齢になるまで、

 

己の信念と共に

些かも変更することなしに

また、感情に囚われることなく

 

淡々と自己の人生の責務を

一つひとつ成し遂げ、

自他のビジョンを実現しよう!

 

 

これからも私は

「よしっ、やるぞ!」
 

 
 

 

写真:日御崎灯台 写真提供:松江城と周辺観光地案内

FacebookにEvolution&Elevation原 克之の公式ブログOfficial Page(ファンページ)を作りました!下の画像をクリックして登録してください!

 

Leave a comment

Note: HTML is allowed. Your email address will never be published.

Subscribe to comments

required
required

Additional comments powered byBackType

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes