Skip to content

2013年5月23日

「人は崖っぷちでどこを見るかで視界が変わる」

by katsuyuki.hara

『シングル介護―ひとりでがんばらない!50のQ&A』

読了。

「人は崖っぷちでどこを見るかで視界が変わる」

「介護はきれいごとではありません。
やった人にしかわからない大変さがあるものです。

でも、だからといって怖れることはありません。

両親の看取りから5年余りが過ぎ、

私は今、親の介護は、
親から子への『最後の贈り物』だと思うようになりました」

の言葉が印象に残っている。


http://a.tyo.ro/4140883138/visionartme04-22

Leave a comment

Note: HTML is allowed. Your email address will never be published.

Subscribe to comments

required
required

Additional comments powered byBackType

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes