Skip to content

2012年11月15日

精一杯生きよう!

by katsuyuki.hara

おはようございます!

ビジョンアーティストの原 克之です。

今日の、あなたはいかがお過ごしですか?

 

先ず、
あなたに、いつもと違う内容をお届けしますことをお詫びします。

ごめんなさい。

実は先日、知人が他界されました。

親しくしていた方だけに、私にとって、とてもショックなことでした。

しばらくブログやメール講座など、何度か書こうとしましたが、

ビジョンカウンセリングなど通常の仕事は精一杯行っていたものの、
どうしても文章を書くことが、なかなか進みませんでした。

文章を書くことや絵を描くことは精神的な作業です。
ここ数日は、

時間管理というよりも自分の精神的葛藤の日々を過ごしていました。

しかし、

数日が経ち、徐々にショックも薄らいできましたので、
ようやく落ち着きを取り戻しブログやメール講座を書けるようになりました。

他界された彼は、ほぼ私と同年代の方ですが、
とても人なつっこい方で、いつも、わたしを「原先生」と呼ばれ、
たまに飲みに行ったり、電話で近況のやりとりをしていました。

最初に出会ったときは、士業の方々の勉強会で、
私が講師として【本当にやりたいこと】を見つけるためのセミナーを行ったときに、
ご参加いただいた方々の中のお一人でした。

 

身を乗り出して、たいへん熱心に聴かれていたことを覚えています。
また、このブログや『【与え好き】の法則』、
『ビジョン実現への道』メール講座の読者の方でもありました。

約3〜4年のおつきあいでした。

ここ数ヶ月ほど連絡がなかったのですが、
「落ち着いたら、また連絡します」とメールをいただいていたので、
「お仕事で忙しいのだろうなあ」と思いつつ、ずっと待っていました。

ところが、
その方は時々、Facebookやブログ、メルマガなどを書かれていたのですが、
ある日を境にバッタリと筆が止まっているのでした。

「あれ、おかしいな」と思いました。

なんとなく勘が働き、
携帯に電話をしたところ、ご本人ではなく奥様が受話器に出られました。


やはり残念な結果でした。

電話口で、奥様から、こんな話しをおうかがいしました。
彼は、生前、奥様と、時々ウオーキングをしていたそうですが、
歩きながら「原先生から、こんなことを教えてもらったんやで」と、
ことあるごとに楽しそうに奥様にお話されていたそうです。

他界されたことを知ってから

「どうして、もっと力になれなかったのか!」と、

わたしは、何度も自分で自分を責めたり、無力感もつのりましたが、

この話を奥様からお聴きし、少しはお役に立てていたようで、心が救われました。
私と同年代の彼は、
まだまだこれからと言うときに他界され、
ほんとうは今後の人生で果たしたいと思っていたことも沢山あったでしょう。

さぞ無念だったろうと彼の心情を察します。
あれからずっと、
彼の死から、自分の人生についても、いろいろと考えました。

おこがましいですが、今後の人生は彼の分も精一杯生きようと思いました。

特に仕事で。それが一番彼の供養になるのではないかという結論に達しました。
あらためて、もっともっと力を入れて、
私のライフワークであるビジョンアートメソッドで
【本当にやりたいこと】を見つけて現実的にビジョンを実現したいと願っている方々のお役に
立とうと堅く決意をしました。

次回からは、
通常のブログを書き上げ、あなたにお届けします。

最期までお読みいただき、心より感謝いたします。

ありがとうございます。

Leave a comment

Note: HTML is allowed. Your email address will never be published.

Subscribe to comments

required
required

Additional comments powered byBackType

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes