Skip to content

2012年8月25日

【どんな苦労も長くは続かない】

by katsuyuki.hara

「そう失望するな

どんな苦労も長くは続かない

 

そう有頂天になるな

どんな楽しみも長くは続かない

禍福はあざなれる縄のごとし、

とは諺(ことわざ)のたとえ。

 

『苦を避けて、楽を得んと焦燥しているころは、

常に不幸だと嘆くことが多かった。


苦を打ち破っていくことを楽しみとする現在は、

いつも幸福だと喜んでいる』


とは、先人の言。

失望は苦しみを他に転嫁しようとする心から発し、

有頂天は楽しみを独占しようとする心から起きる」

(村賀忠男著『ガイアからのメッセージ』p72より)

 

昔、私が出版社に勤めていた頃、

初めて1つの書籍として

企画編集させていただいた記念すべき1冊だ。


村賀氏は、
陣頭指揮を取り、地球環境問題に真剣に取り組んでいた
異色の化粧品会社の会長だった。


惜しむらくは、数年前に他界された。


当時、若造の私を可愛がってくださった


とても、ダンディな方だった。

 

 

わたしは何よりも、村賀氏の考え方に共鳴した。

その考え方の中でも、一番心に胸に響いたのは

上記の言葉だった。


特に、

【長くは続かない】

【どんな苦労も長くは続かない】の言葉だ。


「そうか!」

 

 

「今は大変だと、思っているが、

この状況が長くは続かないと思えば、

乗り越える力や希望が湧いてくるぞ!」と思った。

 

 

以来、

 

 

今から考えれば大した苦労はしていない私だが、

当時は、奈落のどん底のような思いを何度もしていた。

 

 

その状況を必死で這い上がろうとしていた時期に、

この言葉に巡り会った。

 

 

一足飛びには、進まなかったが、


自分からすれば困難や試練だと

思えることに、

自ら飛び込んで、一つひとつ対処してきた。

そして、這い上がることができた。

 
困難や試練が訪れてきた時には

 

 

この言葉

【長くは続かない】

【どんな苦労も長くは続かない】を

自分自身の心の中で、つぶやき、

 

「もう少しだ。もう少しだ。

もう少しの辛抱だ。

もうすぐ出口が見える」と思いながら、


必死で

一つひとつ現実的かつ具体的に対処してきた。

そして今、

ほんとうに幸せだなとつくづく実感している。

晴れて爽快な


今日、ふっと、あの頃の日々を思い出した。

 

 

 




FacebookにEvolution&Elevation原 克之の公式ブログOfficial Page(ファンページ)を作りました!下の画像をクリックして登録してください!

 

Leave a comment

Note: HTML is allowed. Your email address will never be published.

Subscribe to comments

required
required

Additional comments powered byBackType

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes